会社情報

経営理念

社是
雄飛
社訓
信頼・責任・協調
当社の特徴と経営理念
株式会社 園建
代表取締役  嘉屋 幸浩

昭和51年創業以来、郷土北海道の"明日の緑を創造する"を合言葉にし四半世紀にわたって北海道とともに歩み、緑を介して各産業の環境整備に貢献してきた事が、園建の自負であり、誇りです。 当社の企業理念は 「雄 飛」 です。何事にも勇ましく盛んに活動することであります。
まさに、創業時より大手デベロッパー、大手ゼネコン、ハウスメーカー等の企業を中心に緑化外構工事の設計・施工・管理を担当しその業績を残しました。
昭和59年、60年には社運をかけて移植が非常に難しいと云われていた、サロベツ原野の赤エゾ松群(樹齢150年前後)の札幌での再生を提案採用され、札幌市手稲前田森林公園、国体会場の厚別運動公園等多くに採用され当社の移植技術が高く評価されました。 また平成元年にはビル屋上等の緑化に人工地盤工法(アーキスガーデンシステム)を販売し市内のホテル、マンション等の屋上緑化の普及に努め多くの実績をのこしました。さらに平成2年には漢方薬石の麦飯石を利用したゴルフ場等の減農薬システム(アイディアルシステム)開発販売し多くのゴルフ場で、採用され減農薬に役立っています。 現在では北海道開発局、北海道庁、札幌市と官公庁の受注が大半であり、造園工事が主体でありますが、土木工事、 水道施設工事、下水道工事など各般に受注実績を持つ数少ない営業体系の会社でもあります。 今後も高品質の環境を創りつづけて、北海道の発展に施工業者として社会的使命を果たしてまいりたいと思います。
21世紀の緑を創造して。